美容とは、整髪、化粧、服飾などの手段でもって容姿や…

美容とは、整髪、化粧、服飾などの手段でもって容姿や見た目をより美しく装うために形作ることをいう。なお、江戸時代には化粧(けわい)と同じように使われていたようである。 デトックスというのは、専用の栄養補助食品の服用や汗をかくことなどで、そのような人体の有害な毒素を流してしまおうとするテクニックのひとつとされているらしい。 皮ふの奥底で誕生した肌細胞はちょっとずつスローペースで皮ふの表層へと移動し、最終的にお肌の表面の角質となって、約4週間経つと自然にはがれ落ちます。このシステムこそが新陳代謝です。 ドライスキンによる掻痒感の誘因の大半は、歳を取ることによる角質の細胞間脂質と皮脂分泌の衰えや、固形石鹸などの頻繁な使用による肌の保護機能の低下によって出てきます。 頭皮の手入は一般的にスカルプケアとも称されています。頭皮(スカルプ)は髪の毛の悩みの種である「抜け毛」「うす毛」に非常に大きく関係していると供に、フェイスラインのたるみにも影響を及ぼすのです。 美白(びはく)という概念は1990年代の終わり頃に料理研究家で化粧品会社創業者の鈴木その子が薦めて人気に火が付いたが、それよりももっと昔からメラニン色素の増加が原因のシミ対策の言葉として使用されていたようだ。 指で押しても元通りになる皮膚のハリ。これを保持しているのは、かの有名なコラーゲン、つまりはタンパク質なのです。スプリングのようなコラーゲンが安定して皮膚を支えていれば、お肌はたるみとは無縁でいられるわけです。 見た目を整えることで精神が元気になりおおらかになるのは、顔に悩みを抱えている人もいない人も一緒のことです。私たちは化粧を自分の内面から元気を見つけられる最善のテクニックだと自負しています。 「デトックス」術に問題やリスクは本当にないのだろうか。だいたい、体内に蓄積する「毒物」というのは一体どのようなもので、その「毒」は「デトックス」の力で体外へ排出されるのだろうか? リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という新しい言葉には、体に損傷をこうむった人のリハビリと同様、外見に損傷を受けてしまった人が社会復帰するために備える手法という意味が含まれています。 化粧品の力を借りてエイジング対策をして「老け顔」から脱出!自分の肌の性質をきちんと把握して、あなたに合うスキンケア化粧品を選び、適切なお手入れをして「老け顔」に別れを告げましょう。 特に寝る前の歯磨きは大事。歯の表面に蓄積されたくすみを除去するため、夜間はきちんと歯を磨くことをおすすめします。ただし、歯みがきは何回も行えば良いわけではなく、1回1回の質に気を付けることが大切なのです。 美容外科(Plastic Surgery)が欠損や損壊のない健康体に外科的施術をする美を追求する行為なのに対して、安全への意識がおろそかにされていたことが一つの大きな因子と言えよう。 サプリメントなどで知られるヒアルロン酸はヒトの細胞と細胞の間に多数あり、水分の保持や衝撃を吸収する緩衝材の機能で細胞をガードしていますが、年齢にともなって体内のヒアルロン酸はどんどん減るのです。 唇の両端、すなわち口角が下がっていると、顔のたるみは格段にひどくなっていきます。にこにこと左右の口角を上げた笑顔でいれば、弛みの予防にもなるし、外見も美しくなりますよね。 ... Read More

爪の作られる行程はまるで木の年輪のように刻まれると…

爪の作られる行程はまるで木の年輪のように刻まれるという存在であることから、その時点での健康状態が爪に出ることが多く、髪と等しく視界に入って判断しやすいため健康のバロメーターとも言われているようだ。 思春期が終わってから発生する難治性の“大人のニキビ”の女性が徐々に多くなっている。もう10年間もこういった大人のニキビに苦しまされている方が専門の皮膚科クリニックの門をたたく。 そこでほとんどの医師が処方するのが、美白美容液などに配合されているビタミンC誘導体。外用抗菌薬も併せて使用すると半年前後で完治に導けた事例が多いらしい。 何となくモニターに見入ってしまい、眉間にしわを寄せ、かつ口角を下げたへの字口(余談ではありますが、私はシルエットから取って「富士山ぐち」と勝手に名付けています)なのでは?これはお肌の大敵です。 日本皮膚科学会の判定指標は、①激しい痒み、②固有の発疹とその点在ポイント、③慢性で反復する経過、3項目全部該当する病気を「アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)」と称している。 このコラーゲンとは、太陽からの紫外線に直接当たってしまったり物理的なダメージを長期間に渡って受けてしまったり、人間関係など精神的なストレスが積もり積もって、破損し、あろうことか生成することが難しくなっていくのです。 トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)治療は、頑固な濃色のシミをいち早く薄い色にするのにすごく役立つ治療法で、原因不明の老人性色素斑・レーザー照射の効かない炎症後色素沈着・30~40代の女性に多い肝斑(かんぱん)・赤く残ってしまったニキビ跡などに効きます。 お肌が乾燥する誘因である角質の細胞間脂質と皮脂分泌の減衰は、アトピー性皮膚炎のように先天性のものと、逃れようのない加齢やスキンケア化粧品や洗浄料による後天的要素によるものに分けられます。 整形外科とは異なって美容外科が欠損や損壊のない健康体に外科的処置を付加する美を追求する行為であるのに、結局は安全への意識が万全ではなかったことが一つの大きな誘因だと考えられている。 美白もしくはホワイトニングは、メラニン色素が薄く、より白肌を目指すという美容上の観念、及びこのような状態の皮ふのことをいう。主に顔の皮膚について用いられることが多い。 デトックスという手段は、健康食品の摂取及び入浴で、このような体の中の有毒な毒素を流そうとするテクニックの事を指しているのだ。 ネイルのケアは爪をよりきれいな状態に保っておくことを目標としている為、爪の異変を調べておくとネイルケアスキルの向上に必ず役立つし理に適っている。 メイクアップの利点:新製品が発売された時の幸せ。メイク前の素顔とのギャップがおもしろい。化粧品にお金をかけることでストレスが発散できる。メイクをすること自体に面白みを感じる。 貴方は、果たして自分の内臓は何の問題もないという根拠がどのくらいあるでしょうか?“ダイエットしてもやせない”“すぐに肌が荒れる”といった美容のトラブルにも実を言うと内臓の動きが深く関係しています! お肌の細胞分裂を活性化して、皮ふを再生する成長ホルモンは明るい時間の活動している時間帯にはほとんど分泌されなくて、夕食を済ませて身体を休めリラックスしている状態で分泌されると考えられています。 ... Read More

日本皮膚科学会の判定指標は、①激しい掻痒感、②固有…

日本皮膚科学会の判定指標は、①激しい掻痒感、②固有の発疹とその点在ポイント、③反復する慢性の経過、3点全部チェックが入る疾患を「アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)」と称している。 美容外科(Cosmetic Surgery)は、人間の体の機能上の欠損や変形の修正よりも、もっぱら美意識に基づく人の体の容姿の向上を図る臨床医学の一種で、完全に独立した標榜科のひとつである。 お肌のターンオーバーが滞ってしまうと、色々な肌の老化現象や肌トラブルを招きます。ほうれい線などのシワ・シミ・くすみ・目の下のクマ・フェイスラインが下がるたるみ・嫌なニキビ・突っ張るような乾燥など、書きだしてみればキリがないくらい大変なことになります。 湿疹などが出るアトピー性皮膚炎の要因には、1.腸内・表皮・肺・口腔内などの細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝的素因、3.栄養面での因子、4.環境面での因子、5.これ以外の要素の見解などを列挙することができる。 日光を浴びたことによって出来てしまったシミをどうにかして薄くしようとするよりも、大きくならないようにあらかじめ防護したり、お肌の奥に隠れているシミの予備軍をブロックすることの方が大事って分かっている人はまだ多くありません。 アトピーの素因:家族の病歴・既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー(atopic dermatitis)のうち一種、若しくは2つ以上)、IgE 抗体を作りやすい要因、等。 正常なお肌の新陳代謝は28日周期で、常時細胞が誕生し、1年365日取り去られているのです。これらの「日々の生まれ変わり」によって人の皮ふは若々しい状態を保持し続けています。 今を生きる私たちは、毎日毎日体内に溜まっていく恐怖の毒を多様なデトックス法を利用して外に出し、絶対に健康な体を手に入れようと努めている。 デトックスという方法は、様々なサプリメントの使用や温泉などで、これらの体の中にある有毒な物質をなるべく体の外へ出そうとする手段のひとつとされているらしい。 肌のハリの源であるコラーゲンは、有害な紫外線に直接当たったり何らかの刺激を繰り返し受けたり、心や体のストレスが溜まったりすることで、失われ、あろうことか製造することが困難になっていくのです。 ドライスキンによる掻痒感の要因の大方は、年齢を重ねることに縁る角質細胞間脂質と皮脂の量の減量や、固形せっけんなどの過度使用に縁る皮膚のブロック機能の低下によって露見します。 化粧の欠点:お肌への影響。毎朝化粧するのが面倒くさくて仕方がない。費用がやたらと嵩む。肌が荒れる。お化粧を直したり化粧する時間の無駄遣いだということ。 男女問わず浸透してきた頭皮ケアは別称スカルプケアとも言われているお手入れ方法です。スカルプは毛髪の問題である抜け毛や薄毛などにとても密接に関係していると供に、フェイスラインの弛みなどにも影響しています。 アトピー性皮膚炎とは、いわゆるアレルギー反応とつながっている事の内、特に皮ふの激しい炎症(かゆみなど)が出現するもので要するに皮膚過敏症の一種なのだ。 容姿を整えることで精神的に元気になってゆとりが出るのは、顔面にトラブルを抱えている人もいない人も一緒のことです。化粧は自ら元気を見つける最善の手法だと思っているのです。 ... Read More

乾燥肌というものは、皮膚の角質の細胞間脂質と皮脂分…

乾燥肌というものは、皮膚の角質の細胞間脂質と皮脂分泌の量が通常よりも低減することで、皮ふにある水分が失われ、角質層がカサカサに乾燥する症状を指し示しています。 早寝早起きを心がけることと7日間で2、3回楽しい事をすれば、心身の健康力は上昇します。こんなケースがありますので、アトピー性皮膚炎にお困りの人は皮ふ科の医院を受診して相談しましょう。 アイラインなどのアイメイクを落とす時にしっかり落とす目的で強く洗い続けていると皮膚が荒れたり炎症を起こすなどして色素沈着へとつながり、目のクマの元凶になるのです。 メイクアップでは傷などを隠すことに重きを置かず、リハビリメイクを介して最終的には患者さんが自分の容姿を認めて、復職など社会生活への再出発を果たすこと、そしてQOL(クオリティーオブライフ)を更に高めることを理想に掲げています。 アトピーという病名は「特定されていない場所」という意味のアトポスと言うギリシャ語を語源としており、「何かしらの遺伝的な原因を保有している人に発症する即時型アレルギーに基づいた病気」のこととして名前が付けられた。 尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸を加えて作られた美肌水はお肌に優しく、お肌が乾燥しやすい方におすすめです。防腐剤や香料等利用していないため、皮ふの敏感な人でも使えます。 メイクの短所:ランチタイムにはお化粧直ししなければいけない。すっぴんの時のガッカリ感。化粧品の費用が嵩む。素顔だとどこにも行けないある種の強迫観念。 夕方でもないのに、いつもは浮腫まない顔や手がパンパンにむくんだ、しっかり睡眠をとっても下肢のむくみが取れない、などは疾患が隠れているかもしれないのでかかりつけ医による診察を直ぐ受けることが大切です。 内臓矯正(軟部組織マニプレーション)は筋肉や骨が絡んで位置がずれてしまった臓器を元来あったであろう所に返して臓器の動きを正しくするという方法です。 全身に存在するリンパ管に並んで移動している血液の動きが悪くなってしまうと、栄養や酸素などが隅々まで配られにくくなり、最終的には脂肪を多く着けさせる誘因となります。 明治末、洋行帰りの女たちが、洋髪、洋風の服装、洋式に使う化粧品や化粧道具、美顔術などを日本に紹介したことから、これらをひっくるめた単語のひとつとして、美容がけわいに替わって使われるようになったとされている。 もう一つ、たるみに深く関わるのが表情筋。いろんな表情を生む顔に張り巡らされている筋肉のことです。肌の真皮に存在するコラーゲンと同様、この表情筋の力も加齢に従い衰えてしまいます。 メイクアップの長所:自分の顔をいつもより好きになれる。顔に存在しているニキビ・クスミ・毛穴の開き・そばかす・ひっかき傷等を隠すことができる。日を追うごとに美しくなっていくという新鮮味。 運動や入浴で汗をかいて体のなかの水分が減少してくると自然に尿が減らされて体温調節に欠かせない汗のための水分が溜められるために、この過剰な水分がそのまま実はむくみの原因になっているのです。 20代、30代に発生する難治性の“大人ニキビ”の症例が増加している。10年という長期間このような大人のニキビに悩み続けている人々が専門の医院を訪問している。 ... Read More

内臓の健康具合を数値で測ってくれる性能の良い機械が…

内臓の健康具合を数値で測ってくれる性能の良い機械があります。『ノイロメーター』と名付けられている医療機器で、自律神経のコンディションをデータ化することで、内臓の疾患がモニタリングできるという画期的なものです。 デトックスというものは、専用の栄養補助食品の利用や温泉などで、そういった体の中の有毒な物質をできるだけ流そうとする方法のひとつの事を指しているのだ。 化粧の長所:外観が向上する。化粧も嗜みのひとつ。本当の年齢より年上に見える(20代前半までに限った話)。人に与えるイメージを多彩にチェンジできる。 昼間、普段浮腫まないはずの顔や手が酷くむくんだ、十分眠っているのにも関わらず脚のむくみが引かない、などの症状は疾患が隠れているかもしれないので専門医の迅速な診察を直ぐ受けなければなりません。 そういう状況で大多数の皮膚科医が活用するのが、美白美容液などに配合されているビタミンC誘導体。外用抗菌薬と一緒に使用すれば6ヶ月前後で快癒に至った状況が多いそうだ。 ネイルケアという美容法は爪を更に美しい状態に保っておくことを目標としている為、爪の異変を観察しておく事はネイルケアの技術の向上に役立ち無駄がないということができる。 皮膚の奥で作り出された細胞はちょっとずつお肌の表層へと移動し、行く行くは角質となって、時が来ればはがれ落ちます。この仕組みこそがターンオーバーというわけです。 乾燥による痒みの誘因のほとんどは、加齢に伴う角質の細胞間脂質と皮脂の低減や、固形石鹸などの頻繁な洗浄に縁る肌のバリア機能の劣化によって出現します。 美容雑誌においてまるでリンパ液の滞留の代表格みたいに取り上げられている「むくみ」には大きく2種類に分けて、身体のどこかに潜んでいる病気による浮腫と、病気ではない健康な人にも発生するむくみがあるそうだ。 審美歯科(しんびしか)は、美しさを重視した総合的な歯科医療。歯の持つ役割には機能面と表情を明るくみせるなどの審美面があり、両者ともに健康という観点では大切な要素であろう。 屋外で紫外線を浴びたときに肌のダメージを抑える方法を3つ。1.日焼けして赤くなっているところを冷却する2.いつもより多くローションをつけてしっかりと保湿3.シミを防ぐためにもめくれてきた表皮をむいては絶対にダメだ スカルプの健康状態が悪くなってしまう前に正しいケアをして、健康な状況を保ったほうがよいでしょう。コンディションが悪くなってから気を付けても、その改善には時間がかかり、お金はもちろん手間もかかるのです。 コスメでアンチエイジングをして「老け顔」大脱出!肌質をきちんと分析して、あなたに合うスキンケアコスメを選び、最適なケアして「老け顔」から脱却しましょう。 リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、体の機能に損傷をこうむった人の理学療法のリハビリテーションと同様、顔や体の外観に損傷を受けてしまった人が社会へ踏み出すために勉強する技量という意味があるのです。 加齢印象を与えてしまう代表的な因子のひとつが、歯に蓄積したくすみです。歯の外側には、目には見えないくらい小さな凹凸があり、日々の暮らしの中でカフェインなどによる着色やタバコのヤニなどの汚れが溜まっていきます。 ... Read More

道路事故や建築現場での転落事故など、著しく強い圧力…

道路事故や建築現場での転落事故など、著しく強い圧力がかかった場合は複数の箇所に骨折がもたらされたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、加えて臓器が損壊してしまうこともあるのです。 脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が主因で現れる湿疹で、分泌がおかしくなる主因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンの不均衡、ナイアシンなどビタミンB群の不足等が考えられているのです。 うつ病というのは脳内の神経伝達物質のセロトニンが足りなくなり、不眠、気分の落ち込み、著しい疲労感、食欲の低下、体重の減少、焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、自殺企図等の症状が心身に現れるのです。 ストレスが溜まっていくプロセスや、手軽で効果的なストレス対処策など、ストレスについて詳しい知識をお持ちの方は、さほど多くはありません。 春に患者が増える花粉症とは、多く植えられているスギやヒノキ、ブタクサなどの虫によって媒介されない花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・目の痒み・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの不快なアレルギー症状を生ずる病気として日本人に定着しています。 クシャミや鼻みず、鼻詰まりに目の痒み・異物が入っているような感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの誘因である花粉の飛び散っている量に追従したかのように深刻化するという傾向があるようです。 杉花粉が飛散する季節に、小さな子どもが発熱はみられないのにしょっちゅうクシャミしたり水っぱなが止まない時は、『スギ(杉)花粉症』かもしれないのです。 日々繰り返される規則正しい生活の継続、腹八分目の実践、正しい体操など、一見アナログともいえる自分の体への意識がお肌の老化防止にも関わっているということです。 グラスファイバーで作製されるギプスは、衝撃に強くて軽い上に耐久性があり、濡らしてしまっても使用できるというメリットがあり、今の日本のギプスの中でも王道と言われています。 ともすると「ストレス」は、「なくさなければいけない」「取り去るべき」ものとされていますが、実際は、私たちヒトは大小のストレスを経験するからこそ、生活することに耐えられるのです。 人の耳の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3種類に区別されますが、中耳の近くにばい菌やウィルスなどが付着し、炎症ができたり、液体が溜まる症状を中耳炎と言います。 高齢の方や病気のある方などは、特に肺炎を発病しやすくなかなか治らないというデータがあるため、事前に予防する意識やスピーディな手当が肝要なのです。 ポリフェノール最大の機能はV.C.(ビタミンC)や脂溶性のビタミンEなどとは性質が異なっており、細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化しにくくする作用に優れています。 乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、代わり、平成24年9月より予防接種法で接種が推奨されている定期接種として導入されるので、スケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変わります。 ハーバード大学医学部の研究によると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップよりも多くカフェインの取り除かれたコーヒーに変えれば、なんと直腸癌の発症する確率を半分以上も減少させることができたそうだ。 ... Read More

足などの下半身は心臓から離れているため、重力の関係…

足などの下半身は心臓から離れているため、重力の関係によってリンパの流通が悪化するのが通常。むしろ下半身にみられる浮腫は、リンパ液が少しだけ悪くなっていますよという証程度に捉えたほうがよいだろう。 化粧の短所:皮膚への影響。毎日毎日煩わしくて仕方がない。化粧品を買う費用が嵩む。皮膚が荒れる。何度もお化粧直しやお化粧をするので時間が勿体ないこと。 中でも22時~深夜2時までの4時間は皮ふのゴールデンタイムと言われており、お肌の生まれ変わりが一番活性化する時間帯です。この240分の間に良く眠ることが何よりの美容方法だと思います。 我が国における美容外科の変遷において、美容外科が「正当な医療行為」だとの見識と地位を手中に収めるまでに、予想以上に長い年月を要した。 身体中にあるリンパ管に並んで動いている血液の流動が鈍くなってしまうと、色々な栄養や酸素が配られにくくなり、結果として不要な脂肪を多く定着させる元凶となります。 マスカラやアイカラーなどのアイメイクを落とすときにきれいに落とさなければとゴシゴシこすって洗うと皮膚が傷んだり酷くなれば炎症を起こして色素沈着を招き、目の下の茶色いクマの原因となるのです。 アトピー(atopic dermatitis)を投薬だけで治そうとするのには無理があると言えます。習慣や楽しめることなどライフスタイル全体のルールまで掌握する治療方針が必要になります。 美容外科(Plastic Surgery)とは、体の機能上の欠損や変形部の矯正よりも、もっぱら美意識に基づいて身体の見た目のレベルアップに取り組むという臨床医学の一種であり、固有の標榜科である。 形成外科とは異なり美容外科が損壊などのない健康な身体に医師が外科的処置を行う美のための行為なのを差し置いても、安全への意識があまりにも不十分であったことが大きな元凶だと言われているのだ。 デトックスというのは、人間の体の中に蓄積してしまった不要な毒素を排除するという新しい概念の健康法でダイエット法というよりも代替医療に類別される。「detoxification(ディトクシフィケーション、取り除くの意)」の短縮形であり、本来は肝臓に関連した言葉である。 美容の雑誌や本には、小顔になって肌が美しくなり、痩せるし、デトックス効果がある、免疫の増進など、リンパを流しさえすればあれもこれも好転する!という華やかなフレーズが軒を連ねている。 ネイルのケアとは爪をより一層健康な状態に保っておくことを目的にしているため、爪の異変を把握する事はネイルケアのスキルアップに必ず役立ち理に適っているといえるだろう。 現代社会で生活しているということで、人の体内には体に悪影響を与えるというケミカルな物質が溜まり、その上に自身の体の中でも老化を促進するフリーラジカルなどが生産されていると喧伝されているらしい。 審美歯科は、美しさを重視したトータルな歯科医療の分野。歯が担う役目には咀嚼など機能的な側面と、審美的な一面があり、両方とも健康面においては大切な要素だと言えよう。 肌の細胞分裂を促進して、皮ふを再生する成長ホルモンは日中の仕事や勉強などの活動している最中にはほとんど分泌されなくて、夜、食事を済ませてゆったり体を休め静かな状態で出始めます。 ... Read More

女性誌や美容の書籍には、顔が小さくなって肌が美しく…

女性誌や美容の書籍には、顔が小さくなって肌が美しくなり、痩せられるし、デトックス作用が期待できる、免疫アップなど、リンパ液を流せば全部大成功!という魅力的な謳い文句が載っている。 美容の雑誌や本には、小顔になる、肌が美しくなる、ダイエットにも効くし、デトックスすることができる、免疫力の増進など、リンパ液の流れを整えればすべてのことが解決する!というような内容の謳い文句が載っている。 その場合にほとんどの医者が採用するのが、ビタミンC誘導体。外用抗菌薬も併せて使えば約半年で全快に導けた場合が多いそうだ。 全般的には慢性化するも、的を得た手当によって病状が統制された状況に保つことができれば、自然に治ってしまうことも望むことができる病気だ。 皮ふの細胞分裂を活性化させ、皮ふを生まれ変わらせる成長ホルモンは日中の仕事などの活動している時間帯はほぼ分泌されなくて、夜になってからゆったり身体を休め寛いだ状態で出始めます。 湿疹などが出るアトピー性皮膚炎の素因には、1.口腔内や肺、腸内や表皮等における細菌叢(フローラ)、2.遺伝的な因子、3.食物の栄養、4.環境面での問題、5.それ以外の要素の見方などを列挙することができる。 患者さんはそれぞれ一人一人お肌の質は異なりますし、先天的な乾燥肌なのか、そうではなくて生活習慣など後天的な要素によるドライ肌なのかによって治療方針が異なってきますので、最大限の配慮が必要です。 スポーツなどで汗をたくさんかいて体の中の水分が減ってくると自然におしっこの量が減らされて体温調節に必要な汗用の水分が溜められ、この余剰分の水分が使われないと不愉快なむくみの要因になると考えられています。 唇の両端、すなわち口角が下がっていると、皮膚のたるみは徐々に進んでいきます。キュッと唇の両端を持ち上げて笑顔を意識していれば、弛みの防止にもなるし、何より外見が素敵ですよね。 美容とは、化粧や結髪、服飾などの手段で容姿や見た目をよりきれいに見せるために形作ることをいう。意外な事に江戸時代には化粧(けわい)と同義のものとして使われていたという記録が残っている。 何れにしても乾燥肌が普段の日常生活や身辺の環境に大きく関係しているのなら、普段のちょっとした癖に気を配りさえすればほぼ乾燥肌の問題は解消します。 美容とは、整髪や化粧、服飾などの方法で容姿を更にきれいに見せるために形づくることを指す。もっぱら江戸時代には化粧(けわい)とほぼ同じように使われていたそうだ。 お肌の奥で作られた細胞はゆっくりと時間をかけて表層へと移動し、しばらくすると皮膚の表面の角質層となって、約28日経てばはがれていきます。こうした仕組みがターンオーバーの内容です。 特に22時~深夜2時までの240分間は肌のゴールデンタイムで、皮膚の生まれ変わりが一層活発な時間帯です。この夜10時から2時の間にぐっすり眠ることが何にも勝るお肌の手入れ方法ということは疑いようのない事実です。 アイカラーなどのアイメイクを落とすときに化粧をしっかり落としたいがためにゴシゴシと強く洗った場合、目の周りの肌が荒れたり炎症を起こすなどして色素沈着を招き、目の下の茶色い隈の元凶となります。 ... Read More

本国の美容外科の変遷において、美容外科が「由緒正し…

本国の美容外科の変遷において、美容外科が「由緒正しい医療」との評価を与えられるまでに、思いのほか年月を要した。 美容の悩みを解決するには、最初に自分の臓器の状態を把握してみることが、ゴールへの近道だといえます。ここで知りたいのが、一体どんな手段を用いれば自分の臓器の元気度が判明するのでしょうか。 身体中に存在するリンパ管と同じように流れる血液の循環が遅くなると、重要な栄養や酸素が移送されにくくなり、余分な脂肪を着けさせる大きな素因のひとつになります。 ドライスキンによるかゆみの要因のほとんどは、老化による角質の細胞間脂質と皮脂の衰えや、固形せっけんなどの頻繁な使用による肌のバリア機能の衰えによって発現します。 整形外科とは違い美容外科が欠損などのない健康な身体に外科的な処置をおこなう容貌重視の行為なのにも関わらず、安全性への意識が疎かだったことが一つの大きな素因だと言われている。 美白もしくはホワイトニングというのは、色素が少ない、ワンランク上の白い肌を重視する美容の価値観、ないしはそのような状態の皮ふのことをいう。大抵は顔の皮膚について使用されることが多い。 普段からネイルの状態に気を付けておくことで、分かりにくいネイルの変調や体の異常に気を配って、より自分にふさわしいネイルケアをおこなうことができる。 紫外線を浴びたことによって作られたシミを消すよりも、シミができてしまわないようにあらかじめ防いだり、肌の奥に潜んでいるシミの赤ちゃんをブロックする方が効果的だということを分かっている人はまだ多くありません。 内臓の健康状態を数値で測ることのできる便利な機械があります。『ノイロメーター』という名称の機械で、人の自律神経の状況をデータ化することで、内臓の健康状態を知ろうという内容のものです。 肌の奥深くで誕生した肌細胞はじわじわと時間をかけて皮ふの表層へと移動し、行く行くはお肌の表面の角質となって、約28日後に自然にはがれ落ちます。こうした仕組みが新陳代謝です。 硬直した状態だと血行も滞ります。最終的には、目の下の辺りを始め顔全体の筋肉の力が衰えます。顔の筋繊維もしっかりとストレッチをして、たまに緊張を解してあげることが大事になります。 加齢印象を強める主だった素因のひとつが、歯に付着した”蓄積クスミ”です。歯のエナメル質には、見えないくらい小さな凹凸があり、毎日の生活の中でワインなどによる着色や食べかすなどの汚れが付きやすくなります。 硬直した状態だと血行も悪くなります。その結果、下まぶたを始め顔のあらゆる筋力が衰えてしまいます。意外なようですが顔の筋肉もしっかりとストレッチをして、たまに緊張をほぐしてあげることが必要です。 「デトックス」法には問題点や危険性はまったくないと言えるのだろうか。そもそも体の中に蓄積してしまう「毒」というのはどんな物質で、その「毒」とやらは果たして「デトックス」の効果で排出されるのだろうか? 心臓から遠い位置にある下半身は、重力の影響でリンパ液の流通が悪くなるのが一般的だ。というよりも、下半身の浮腫はリンパ液が少しだけ滞留している最中だという印のひとつ程度のものだと捉えたほうがよい。 ... Read More

常在細菌のひとつであるブドウ球菌

常在細菌のひとつであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、大別すると毒が極めて強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒素がきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つに分けることができるのです。 男性だけにある前立腺という生殖器はその成長や働きにアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)がとても密接に関わり、前立腺に現れてしまったガンも同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの影響で肥大化してしまうのです。 アルコールをクラッキングする効果のあるナイアシンは、ゆううつな二日酔いによく効きます。辛い二日酔いの素因とされるエタナールという物質の分解に関係しているのです。 記憶力 アップ サプリとしてDHAが有名です。魚を食べると頭が良くなるのですね。 栄養バランスのいい食事や体を動かすことは当然のことながら、体の健康やビューティーのために、食事の補助として様々なサプリを飲む事が常識的になりました。 自転車の転倒事故や屋根からの転落など、著しく強い圧力が体にかかった場合は、複数個所に骨折が発生してしまったり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、酷い場合は臓器が破損してしまうこともあります。 耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、多く植えられているスギや檜、蓬などの決まった時期に飛散する花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を示す病気として認識されています。 エイズ(AIDS)はHIV(human immunodeficiency virus)の感染によって罹患するウイルス感染症の事で、免疫不全へと至って些細な細菌などによる日和見感染や悪性腫瘍等を発病してしまう病状そのものを指しています。 音楽の公演の開催される場内やダンスを踊るためのフロアなどに設けられている特大スピーカーの真ん前で大きな音を浴び続けて難聴になる症状を「急性音響性難聴」と呼ぶことをご存知でしょうか? 脂溶性のビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを助長するという事が特に有名で、血中のカルシウム濃度を操作し、筋繊維の動きを微調整したり、骨を作り出してくれます。 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が主因で起こる発疹・発赤で、皮脂の分泌異常の主因としては男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの乱れ、ナイアシンなどビタミンB群の慢性的な不足等が挙げられます。 鍼を患部に刺してもらう、という物理的な程よい複数の刺激は、神経細胞を活発にし、神経インパルスと称される電気信号の伝達を発起させると言われているのです。 スマートフォンの光のちらつきを低減させるレンズの付いたPC専用メガネが殊更人気を博しているのは、疲れ目の予防策に多くの方々が苦心しているからだと考えることができます。 ダイエットに勤しむあまり摂取カロリーの総量を抑える、食事を飛ばす、といった暮らしを続けると結果として栄養までもを不足させ、慢性の冷え性を招いていることは、何度も危惧されていることです。 胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、5日前後ちゃんと薬を飲めば、大体、多くの患者さんの自覚症状は消失しますが、かといって食道の粘膜の炎症反応そのものが快癒したことを意味しないのです。 天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一種のスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている物質が、肝臓の持つ解毒酵素そのものの正常な製造活動を助けているかもしれないという事が判明してきたのです。 ... Read More