クシャミ、鼻水、鼻詰まりや目の掻痒感・異物が入って…

クシャミ、鼻水、鼻詰まりや目の掻痒感・異物が入っているような感じなどの花粉症の諸症状は、アレルギーの原因となる花粉の飛散している量に比例しているかのように酷くなる性質があるということです。

急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、普通は腹痛・悪心・腹下しを伴う位で済みますが、細菌性の場合は相当ひどい腹痛・幾度も繰り返す嘔吐・水下痢に加えて38℃以上の高い発熱が相違点だといえます。

老化による耳の聞こえにくさは段々聴力が落ちていくものの、通常60歳過ぎまでは耳の悪さをなかなか認識できないのです。

心筋梗塞というのは心臓の周りにある冠動脈の動脈硬化により血管の内腔の幅が狭まってしまい、血液の流れが途絶えて、栄養や酸素を心筋に配達できず、筋肉細胞自体が機能しなくなるという大変恐ろしい病気です。

杉花粉が飛ぶ春に、子どもが体温は異常ないのにくしゃみを連発したりずっと鼻水が止まってくれない症状なら、もしかすると『スギ花粉症』の可能性が高いといえます。

不整脈の中でも期外収縮は、病気でなくても出現することがあるため珍しい心臓の病気とは限らないのですが、発作が幾度も立て続けにみられる場合は危ない状態です。

強い痛みを伴うヘルニアというのは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間に存在してクッション的な役目を持っている椎間板(ツイカンバン)という名前の円形の線維軟骨が飛び出た様子を表します。

通常ならば骨折を起こさない位の僅かな力でも、骨の狭い個所に幾度も繰り返して継続的にかかってしまうことにより、骨折してしまうことがあるので気を付けなければいけません。

AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を持たない方にも扱うことのできる医療機器で、AEDからの音声ガイダンスの手順に従って扱うことで、心臓が細かく震える心室細動の緊急処置の効果をいかんなく発揮します。

チェルノブイリ原発事故に関する被害者の追跡調査のデータをみると、大人と比較して体の小さい子どものほうが漏れた放射能の深刻なダメージをより受容しやすくなっていることがわかっているのです。

ポリフェノールで最も有名な特性はV.C.や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)性質が異なっており、細胞と細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化を予防する効果をいかんなく発揮します。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する力があるナイアシンは、不快な宿酔に効きます。ゆううつな宿酔の素因と考えられているエタナール(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という物質のクラッキングに携わっているのです。

もし血液検査で現時点でのエストロゲンなどの分泌量が基準値よりも足りなくて早発閉経(Premature Ovarian Failure)と分かったら、足りていない分の女性ホルモンを足すような処置方法で治せます。

脳内のセロトニン神経は、自律神経のバランスを調整したり痛みを防御し、覚醒現象などを操っていて、単極性気分障害(大うつ病)に罹患している方ではその力が鈍いことが広く知られるようになった。

うつ病というのは脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足した結果、不眠、憂うつ感、著しい倦怠感、食欲の低下、体重減少、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図などの深刻な症状が2週間以上続きます。