ジェネリック医薬品(generic drug)とい…

ジェネリック医薬品(generic drug)というのは新薬の特許が無くなった後に販売され、新薬に等しい成分で自己負担分が少ない(金額の廉価な)後発医薬品のことで、広く知られるようになりました。

「肝機能の減衰」は、血液検査項目のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼやアラニンアミノトランスフェラーゼ、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)など3つの値で診れますが、特にここ数年肝機能が減衰している現代人の数が明らかに増えているとのことです。

筋緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝り、首の凝り、張りによる患者数が多い慢性頭痛で、「まるで締め付けられるような激しい痛み」「頭が重苦しいような酷い痛み」と表現される症状が特徴です。

HIV、すなわちヒト免疫不全ウイルスを有している血液や精液、母乳、腟分泌液などのあらゆる体液が、乳飲み子などの粘膜や傷口に接触すると、感染する可能性があります。

世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、有害なUV-A波の著しい浴び過ぎは皮ふ疾患をもたらす可能性が高いとして、18歳以下の若人が肌を黒くする日焼けサロンを使うことの禁止を広く世界各国に勧めている最中です。

2005(平成17)年2月以後新たにトクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起のフレーズの印字が義務となった。

強い痛みを伴うヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」といい、背骨と背骨の間にあってクッションみたいな役目を持っている椎間板(ついかんばん)という名前のやわらかい円形の組織が飛び出してしまった症例のことを表します。

陰金田虫というのは、医学的には股部白癬(コブハクセン)という名称で、かびの一種の白癬菌が股部や陰嚢、お尻などの場所に何らかの理由でうつってしまい、定着した病気で簡単に言うと水虫です。

ストレスが蓄積してしまう構図や、便利で有用なストレス対策など、ストレスに関して深い知識を学ぼうとする人は、まだ少ないようです。

比較的若い世代で結核菌(けっかくきん)に対しての免疫力を保持していない人々の割合が高くなっていることや、自己判断のせいで診断が遅れることが要因の集団感染や院内感染が多くなっています。

男性だけにある内臓の前立腺は働きや成長にアンドロゲン、即ち男性ホルモンがとても密に関連しており、前立腺に現れたガンも同様、アンドロゲンによって成長してしまいます。

何かを食べる時は、次に食べようと思った物をなんとなく口へ入れて数十回噛んで飲み下して終わりだが、その後も体はまことによく活動し食物を身体に取り入れるように努めているのだ。

「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、人体の中の脂肪の溜まっている比重のことで、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(キロ)÷体重(weight、kg )×100」という式で確認できます。

吐血と喀血はいずれも血を吐くことに変わりはありませんが、喀血とはのどから肺に続いている気道(呼吸器の一種)からの出血のことであり、吐血は無腸間膜小腸より上部にある消化管から出血する状態を示しているのです。

もう既に歯の表面を覆っている骨を減らすまでに進んでしまった歯周病は、残念ながら炎症が沈静化したとしても、なくなった骨が元の量に復活することは有り得ません。