メタボとは言われなかったとしても、内臓脂肪が多めに…

メタボとは言われなかったとしても、内臓脂肪が多めに溜まる型のよくない体重過多に陥ることに縁って、命にかかわるような生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。

食事をするときは、食べ物を気軽に口に入れたら幾度か咀嚼して飲み下すだけだが、その後人体はまことに健気に働いて異物を人体に取り込むよう励んでいる。

体脂肪量に変動が見られず、体重だけが食物摂取や排尿等によって一時的に増減する時は、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は低くなり、体重が減少した方は体脂肪率が高くなることがわかっています。

男性の生殖器である前立腺は活動や成長にアンドロゲン、即ち男性ホルモンがとても深く関わり、前立腺に現れてしまったガンも同様、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの働きを受けて大きくなってしまうのです。

HMSの調べによれば、毎日2カップよりも多くノンカフェインのコーヒーを飲めば、驚くことに直腸癌の発病率を5割も減少させたという。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、最もかかりやすい中耳炎で比較的子どもによくみられます。激しい耳の痛みや熱、鼓膜の腫れや炎症、耳漏(じろう)などの様々な症状が発生します。

トコトリエノールの機能としては酸化を遅らせる効果が殊に有名ではありますが、これ以外にも肌を美しくしてくれる効果や、血清コレステロールの産生を抑えるということが認められています。

筋緊張性頭痛というのはデスクワークなどでの肩凝りや首筋のこりによる患者数が多い慢性頭痛で、「頭をギューっと締め付けられるような強烈な痛み」「重いような耐え難い痛みと言われます。

一見すると「ストレス」というものは、「なくすもの」「除去すべき」と捉えがちですが、現に、私達は大小のストレスを経験するからこそ、活動していくことが可能になっているのです。

めまいは無いのに、強い耳鳴りと難聴を幾度も繰り返すケースの事を区別して「蝸牛型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」と診断する事例も多いようです。

腰などが痛むヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の間にあるクッションに近い役割を果たしている椎間板(ついかんばん)という柔らかい円形の組織がはみ出た様子のことを表しているのです。

乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに変わり、平成24年9月以降は厚労省が接種を推奨する定期接種として導入されるので、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で注射する個別接種の扱いになりましたのでご注意ください。

流感、即ちインフルエンザの予防策や処置等原則施される措置自体は、季節性のインフルエンザでも新型のインフルエンザであってもほとんど同じです。

不快な耳鳴りには当事者にしか感じられないような「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように本人以外の人にも精度の高いマイクロホンを利用すると感じることのできるという部類の「他覚的耳鳴り」とがあるそうです。

結核への対策は、1951年制定の「結核予防法」に沿う形で推進されてきましたが、56年後の2007年からは結核以外の感染症と等しく「感染症法」という名称の法律に基づいて行われることに決まったのです。