常在細菌のひとつであるブドウ球菌

常在細菌のひとつであるブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、大別すると毒が極めて強力な黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と毒素がきつくないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つに分けることができるのです。

男性だけにある前立腺という生殖器はその成長や働きにアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)がとても密接に関わり、前立腺に現れてしまったガンも同じく、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの影響で肥大化してしまうのです。

アルコールをクラッキングする効果のあるナイアシンは、ゆううつな二日酔いによく効きます。辛い二日酔いの素因とされるエタナールという物質の分解に関係しているのです。

記憶力 アップ サプリとしてDHAが有名です。魚を食べると頭が良くなるのですね。
栄養バランスのいい食事や体を動かすことは当然のことながら、体の健康やビューティーのために、食事の補助として様々なサプリを飲む事が常識的になりました。

自転車の転倒事故や屋根からの転落など、著しく強い圧力が体にかかった場合は、複数個所に骨折が発生してしまったり、骨が外部に突出する開放骨折となったり、酷い場合は臓器が破損してしまうこともあります。

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、多く植えられているスギや檜、蓬などの決まった時期に飛散する花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの辛くてゆううつなアレルギー症状を示す病気として認識されています。

エイズ(AIDS)はHIV(human immunodeficiency virus)の感染によって罹患するウイルス感染症の事で、免疫不全へと至って些細な細菌などによる日和見感染や悪性腫瘍等を発病してしまう病状そのものを指しています。

音楽の公演の開催される場内やダンスを踊るためのフロアなどに設けられている特大スピーカーの真ん前で大きな音を浴び続けて難聴になる症状を「急性音響性難聴」と呼ぶことをご存知でしょうか?

脂溶性のビタミンDは、Caが人体に吸収されるのを助長するという事が特に有名で、血中のカルシウム濃度を操作し、筋繊維の動きを微調整したり、骨を作り出してくれます。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂の分泌異常が主因で起こる発疹・発赤で、皮脂の分泌異常の主因としては男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンのバランスの乱れ、ナイアシンなどビタミンB群の慢性的な不足等が挙げられます。

鍼を患部に刺してもらう、という物理的な程よい複数の刺激は、神経細胞を活発にし、神経インパルスと称される電気信号の伝達を発起させると言われているのです。

スマートフォンの光のちらつきを低減させるレンズの付いたPC専用メガネが殊更人気を博しているのは、疲れ目の予防策に多くの方々が苦心しているからだと考えることができます。

ダイエットに勤しむあまり摂取カロリーの総量を抑える、食事を飛ばす、といった暮らしを続けると結果として栄養までもを不足させ、慢性の冷え性を招いていることは、何度も危惧されていることです。

胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、5日前後ちゃんと薬を飲めば、大体、多くの患者さんの自覚症状は消失しますが、かといって食道の粘膜の炎症反応そのものが快癒したことを意味しないのです。

天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一種のスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている物質が、肝臓の持つ解毒酵素そのものの正常な製造活動を助けているかもしれないという事が判明してきたのです。