常識的には骨折に至らない位の小さな圧力でも、骨の限…

常識的には骨折に至らない位の小さな圧力でも、骨の限定された部分だけに何度も繰り返しいつまでもかかることによって、骨折が生じてしまうこともあります。

普段からゴロンと横向きになったままテレビ画面を見ていたり、長い時間頬杖をついたり、ヒールの高い靴等を日常的に履いたりというようなことは身体のバランスを崩してしまう大きな要素になります。

なんとなく「ストレス」というのは、「溜めてはいけない」「除外しなければいけない」ものとされていますが、実を言うと、私たちヒトは大小のストレスを感知するからこそ、活動することが可能になるのです。

生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓にある血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことから、結果として膵臓からインスリンが血糖値を正常に保てるほどは分泌されなくなってしまって発症に至る自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。

耳鳴りにも種類があり、当事者しか感じないタイプの「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように本人と他の人にも高性能マイクロホンなどをあてると聞くことができるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。

チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故の被害者の追跡調査のデータでは、大人と比較して若い子どものほうが飛来した放射能の有害な影響をより受容しやすいことが分かるのです。

植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている揮発性の化学物質について、肝臓が持っている解毒酵素そのものの正常な創造を促しているのではないかという事実が見えてきました。

スマートフォンの光のちらつきを軽減させるPC専用の眼鏡が最も人気を集める訳は、疲れ目の予防策にたくさんの人が挑戦しているからです。

バランスの取れた食生活や体を動かすことはもちろんのこと、体の健康やビューティーを目的として、食事とは別に様々なサプリメントを利用する事が珍しくなくなっているそうです。

アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を鈍化させたり変異を誘引するような人体に有害な物質を体の内側で解毒し、肝臓の機能性を促進する性質が判明しているのです。

子どもの耳管の構造は、大人に比べると太くて長さがなく、尚且つほぼ水平になっているため、雑菌が入り込みやすくなっているのです。幼い子どもが急性中耳炎を発病しやすいのは、これが関わっています。

シルバー世代の人や慢性病を患っている方などは、特に肺炎を起こしやすく治療が長引く特徴があるため、常日頃の予防や早めの手当が必要です。

30才から39才までの間に更年期が訪れるとすれば、医学的に表すと「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という女性疾患に当てはまります(日本においては40歳未満の比較的若い女性が閉経してしまう症状を「早発閉経(そうはつへいけい)」と称します)。

薬やアルコール、化学調味料を始めとした食品添加物等の成分を酵素により分解して無毒化する働きの事を解毒と称し、肝臓が果たす大切な機能の一つと言えるでしょう。

人間の体を維持するのに必要なエネルギーとしてすぐに機能する糖、新陳代謝に必要となる蛋白質など、激しい痩身ではこうした体調をキープするために外すことのできない栄養成分までも欠乏させている。