昨今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく…

昨今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に抗える免疫力を保有しない人々の割合が高くなっていることや、早合点のために診断が遅れることによる集団感染(アウトブレイク)・院内感染が多くなっているようです。

ストレスがかかり、蓄積していく構造や、手軽で有用なストレス対策法など、ストレスの詳細な知識を保持している方は、さほど多くはありません。

常在細菌の一つであるブドウ球菌(英:staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒のきつい黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒力があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができます。

下腹の疼痛を引き起こす代表的な疾患には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、子宮の病気等が挙げられるでしょう。

植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓の持っている解毒酵素のスムーズな生産をサポートしているという因果関係が判明してきたのです。

PC画面の青っぽい光を低減する効果のあるレンズの付いたメガネが最も人気を博している理由は、疲れ目の対策法にたくさんの方々が苦労しているからだと推測することができます。

耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森のスギやヒノキ、ブタクサなどの花粉が因子となって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・鼻づまり・鼻みずなどのゆううつなアレルギー症状を示す病気として広く認識されています。

吐血と喀血、どちらも血を吐くことに変わりはありませんが、喀血の方は喉から肺を繋ぐ気道(呼吸器の一つ)からの出血のことであり、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)より上部にある消化管から血が出る症状を表しているのです。

もし婦人科の血液検査で残念ながら女性ホルモンの分泌量が基準値よりも足りなくて早発閉経(早期閉経)だと判明した場合、足りていない女性ホルモンを足すような治療で良くなります。

基礎代謝量というものは目が覚めている覚醒状態で生命を維持していく(心臓、口からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張の保持等)ために必要となる理論上のエネルギー消費量のことなのです。

ブラッシングなどで、高齢者がセラピーキャットをとても愛おしいと感じた時にオキトキシンが多く分泌され、ストレスの低減や心のヒーリングなどにつながるのです。

年齢を重ねることによる耳の聞こえにくさでは緩やかに聴力が低下していきますが、普通は60歳くらいまでは聴力の衰えをきちんと把握できないものです。

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂分泌の異常により現れる湿疹で、皮脂分泌の異常の素因としては男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の乱れやビタミンBコンプレックスの慢性的な欠乏等が注目されているのです。

肝臓をきれいに保持するためには、肝臓の有害物質を分解する力が下がらないようにする、言いかえれば、肝臓のアンチエイジング対処法を迅速に開始することが必要でしょう。

胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事内容の欧米化に加えてタバコを吸う事・お酒を飲むこと・体重過多等の生活習慣の質が低下したこと、ストレスなどに縁って、いま日本人に患者が多い疾患の一つです。