肝臓を健康な状態に保持し続けるためには、肝臓の毒素…

肝臓を健康な状態に保持し続けるためには、肝臓の毒素を分解する作用が低くならないようにすること、即ち、肝臓を老けさせない対処法を迅速に開始することが必要でしょう。

肥満(obesity)の状態というのは言うまでもなく食生活の内容や運動不足が因子になっていますが、同量の食事だったとしても、せっかちに食べ終わる早食いをすることにより体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなります。

インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20~30代の比較的若い男性に多く見られる傾向があって、ほぼ股間の辺りにのみ拡大し、運動をしたり、お風呂から上がった後など体が熱くなると強い掻痒感が訪れます。

ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失われてしまった後に発売されるもので、新薬と変わらない成分で経済的負担が少ない(薬の価格の高価ではない)後発医薬品のことを指します。

必須栄養を万遍なく含んだ食事や運動は当然のことですが、心身両面の健康やビューティーアップのために、食事の補助として色々な種類のサプリメントを摂取する行為がまったく珍しくなくなっているということです。

むねやけが特徴の逆流性食道炎は、1週間もきちんと処方薬を飲めば、原則的に9割近くの人の自覚症状は消えてなくなりますが、かといって食道粘膜の炎症反応そのものが完全に治ったとは言い切れません。

ロックミュージシャンのコンサートの開催されるスペースや踊るためのクラブなどにある特別仕様の大型スピーカーのすぐ脇で爆音を浴びて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼ぶのです。

通常ならば骨折に至らない位の小さな圧力でも、骨の狭い個所に繰り返して切れ目なくかかってしまうことによって、骨折に至ることもあります。

体脂肪の量(somatic fat volume)に変化がないのに、体重が食事・飲酒や排尿などによって一時的に増減するような時には、体重が増加した人は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減少したら体脂肪率が高まることがわかっています。

1回歯の表面を保護しているエナメル質を浸食するまでに深刻になってしまった歯周病は、残念ながら進行具合が沈静化することがあっても、失ったエナメル質が元通りに構築されることは無いと考えておいた方が良いでしょう。

アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を鈍くしたり突然変異を誘引する人体に有害な物質を体の内側で解毒し、肝臓の動作を促すような性質が明らかになっています。

20~30才代で更年期が訪れるとすれば、医学的な用語で表すと「早期閉経」という疾患を指します(我が国の場合は40歳未満の女性が閉経する状態を「早発閉経(早期閉経)」と呼んでいます)。

真正細菌の結核菌は、菌を保有している人がゴホゴホと「咳」をすることで外気の中に投げ出され、空中にふわふわ浮いているところを今度は別の人が呼吸しながら吸い込むことによってどんどん感染していきます。

「肝臓の機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、そしてγ-GTPなど3つの値によって判断できますが、特にここ数年肝臓の機能が悪化している人々が増加傾向にあるとのことです。

季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究の成果から、予防の効用が望めるのは注射した2週後位から約5カ月くらいだろうということが明らかになりました。