脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異…

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異常が主因で起こる発疹・発赤で、皮脂の分泌が乱れる素因として男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の崩れ、ナイアシンなどビタミンB群の枯渇などが考えられます。

BMI(体重指数を算出する式はどこの国も同じですが、BMI値の評価基準は国ごとにそれぞれ異なり、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準体重、BMI25以上の場合は肥満、18.5未満を低体重と位置付けています。

体脂肪の量(somatic fat volume)にはさして変化がみられず、体重だけが食事や排尿などにより短時間で増減するような時には、体重が増加した方は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った人の体脂肪率が上がります。

ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無効になった後に購入できる、新薬とまったく同一の成分で負担を抑制できる(薬の金額が高くない)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。

栄養バランスのいい食事や体を動かすことは当然ですが、ヘルスアップやビューティーを目的とし、欲しい栄養を補うために様々な種類のサプリメントを使用する事が常識的になりました。

70代以上の高齢者や病のある人などは、極めて肺炎にかかりやすくてなかなか治らないという傾向が見られるため、事前に予防する意識やスピーディな手当が肝要です。

折り目正しい日常生活、食べ過ぎないこと、楽しい運動やスポーツなど、アナログともいえる自分の身体への取り組みが皮ふの老化防止にも関わっているということです。

杉の木の花粉が飛散する3月前後に、まだ小さな子どもが体温は平熱なのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした鼻水が止んでくれない状況なら、残念ながら『スギ花粉症』の可能性が高いといえるでしょう。

クシャミや鼻水、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の不快な症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛び散っている量に比例するように深刻化する傾向があるということです。

アルコールを分解する肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や狭心症を始めとした色んな疾患の合併症の元凶となる可能性があります。

痩せるのが目的で摂取カロリーの総量を控える、食事を飛ばす、というようなライフスタイルが結果として栄養までもを不足させ、慢性の冷え性を齎すことは、何度も言われているのです。

気分障害のうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、強い憂うつ感、不眠強い疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、意欲の低下、希死念慮、自殺企図などの辛い症状が現れ、2週間以上続きます。

下腹の痛みを引き起こす主な病気には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、女性特有の疾患などがよくみられるようです。

「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体の中の脂肪の溜まっている%のことで、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(キロ)×100」という数式によって算出することができます。

薄暗い所では光不足により物が見づらくなりますが、更に瞳孔が開くため、眼のピントを合わせるのに余分な力が消費され、結果的に明るい所でものを見るよりも疲れやすくなるといえます。