道路事故や建築現場での転落事故など、著しく強い圧力…

道路事故や建築現場での転落事故など、著しく強い圧力がかかった場合は複数の箇所に骨折がもたらされたり、骨が外部に露出する複雑骨折となったり、加えて臓器が損壊してしまうこともあるのです。

脂漏性皮膚炎という病は皮脂の分泌異常が主因で現れる湿疹で、分泌がおかしくなる主因としてステロイドホルモンの一種である性ホルモンの不均衡、ナイアシンなどビタミンB群の不足等が考えられているのです。

うつ病というのは脳内の神経伝達物質のセロトニンが足りなくなり、不眠、気分の落ち込み、著しい疲労感、食欲の低下、体重の減少、焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、自殺企図等の症状が心身に現れるのです。

ストレスが溜まっていくプロセスや、手軽で効果的なストレス対処策など、ストレスについて詳しい知識をお持ちの方は、さほど多くはありません。

春に患者が増える花粉症とは、多く植えられているスギやヒノキ、ブタクサなどの虫によって媒介されない花粉がアレルゲンとなり、クシャミ・目の痒み・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの不快なアレルギー症状を生ずる病気として日本人に定着しています。

クシャミや鼻みず、鼻詰まりに目の痒み・異物が入っているような感覚などの花粉症の嫌な症状は、アレルギーの誘因である花粉の飛び散っている量に追従したかのように深刻化するという傾向があるようです。

杉花粉が飛散する季節に、小さな子どもが発熱はみられないのにしょっちゅうクシャミしたり水っぱなが止まない時は、『スギ(杉)花粉症』かもしれないのです。

日々繰り返される規則正しい生活の継続、腹八分目の実践、正しい体操など、一見アナログともいえる自分の体への意識がお肌の老化防止にも関わっているということです。

グラスファイバーで作製されるギプスは、衝撃に強くて軽い上に耐久性があり、濡らしてしまっても使用できるというメリットがあり、今の日本のギプスの中でも王道と言われています。

ともすると「ストレス」は、「なくさなければいけない」「取り去るべき」ものとされていますが、実際は、私たちヒトは大小のストレスを経験するからこそ、生活することに耐えられるのです。

人の耳の構造は、外側から順番に「外耳(がいじ)」「中耳」「内耳」の3種類に区別されますが、中耳の近くにばい菌やウィルスなどが付着し、炎症ができたり、液体が溜まる症状を中耳炎と言います。

高齢の方や病気のある方などは、特に肺炎を発病しやすくなかなか治らないというデータがあるため、事前に予防する意識やスピーディな手当が肝要なのです。

ポリフェノール最大の機能はV.C.(ビタミンC)や脂溶性のビタミンEなどとは性質が異なっており、細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、そして細胞膜でも酸化しにくくする作用に優れています。

乳幼児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、代わり、平成24年9月より予防接種法で接種が推奨されている定期接種として導入されるので、スケジュール管理の必要な個別接種の扱いに変わります。

ハーバード大学医学部の研究によると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2カップよりも多くカフェインの取り除かれたコーヒーに変えれば、なんと直腸癌の発症する確率を半分以上も減少させることができたそうだ。