押し返してくる肌の弾力感。これを作っているのは、み…

押し返してくる肌の弾力感。これを作っているのは、みなさんご存知のコラーゲン、つまりはタンパク質なのです。バネの機能を持つコラーゲンが十分に皮膚を支えていれば、嫌な弛みとは無関係です。 現代を生きている私達は、毎日毎日体内に蓄積されていくという凶悪な毒を、多様なデトックス法を試みて出し、絶対に健康体を手中に収めようと努力している。 アトピー性皮膚炎とは、アレルギー様の反応と関連している状態の内、特に表皮の継続的な炎症(痒み等)がみられるもので皮膚過敏症のひとつなのだ。 美白用の化粧品であることを正式に謳うには、薬事法を管轄する厚生労働省の許可が下りた美白の有効物質(よく用いられるのはアルブチン、こうじ酸)が入っている必要があるらしいのです。 洗顔を使って隅々まで汚れを洗い流す必要があります。石けんは皮膚に合ったものを使います。自分の皮膚に合っていれば、価格の安い石けんでも特に問題ないし、固形のせっけんでも構わないのです。 乾燥肌というものは、肌に含まれる角質細胞間脂質と皮脂分泌の量が正常値よりも低下することで、皮膚にある潤いが失われ、お肌の表面がカサカサに乾いてしまう症状です。 掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の原因として、1.腸内や表皮、肺、口腔内等における細菌叢、2.遺伝的因子、3.栄養面でのトラブル、4.住環境、5.これ以外の要素の考え方が主に挙げられている。 ネイルケア(nail care)とは、爪や甘皮などのお手入れを指す言葉。美容だけでなく、健康、医者による医療行為、生活の質(クオリティオブライフ=QOL)の保全など多くのシーンで活躍しており、既にネイルケアは一つの確立された分野となっているのは言うまでもない。 日本人が「デトックス」にのめりこむ最大の理由として考えられるのは、私達が生活している環境の悪化だ。空気や土壌は化学物質で汚れ、コメや果物などの食物には化学肥料や農薬がふんだんに使われていると喧伝されている。 内臓矯正というのは近辺の筋肉や骨が誘因で位置がおかしくなってしまった内臓を原則の所に返して臓器の働きを正常化するという治療法なのです。 左右の口角がへの字型に下がっていると、顔のたるみは格段に進みます。きゅきゅっと唇の両端を持ち上げた笑顔を心がければ、弛みの防止にもなるし、何より外見が素敵になりますよね。 その時にほとんどの医師が使うのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬と併用すると約半年でほぼ全快に導くことができる状況が多いとのことだ。 デトックスというワードはこれはあくまでとして考えており、医師による治療行為とは違うことを認知している人は意外なほど少ないのである。 アイラインなどのアイメイクを落とすときにメイクをしっかり落としたいがためにゴシゴシとクレンジングすると目の周りの肌が荒れたり炎症を起こす等して色素沈着を招いてしまい、目の下のクマの一因になります。 デトックス法というのは、特別な健康食品の飲用及び大量に汗をかくことなどで、こうした人体の有害な物質をなるべく体外へ流そうとする技術のひとつとされているらしい。 ... Read More

早寝早起きを習慣にすることと週2、3回楽しくなる事…

早寝早起きを習慣にすることと週2、3回楽しくなる事をすれば、心身の度合いは上昇すると言われています。このようなケースが起こり得るので、アトピー性皮膚炎に悩んでいる人は皮膚科の専門医を受診するようにしてください。 「デトックス」という言葉自体はそんなに目新しいものではないが、これはあくまでも代替医療や健康法に過ぎず、「治療」行為とは別物だと知っている人は想像以上に少ないようである。 肌の美白ブームは、1990年代前半からすぐに女子高生などに広まったガングロなど、不自然なほど極度に日焼けする独特なギャルファッションへの対抗とも取れる内容がある。 スカルプの状態が悪化してしまう前にしっかりとお手入れをして、健康なコンディションを維持する方がよいでしょう。状況が悪化してから手入れし始めても、その改善には時間を要し、お金も手数もかかります。 アトピー性皮膚炎とは、いわゆるアレルギー反応と繋がっている状態の内、特に皮ふの持続的な症状(痒み等)を認めるもので要するに過敏症の一種なのだ。 例を挙げれば…あなたは今、このサイトを見ながら頬杖をついたりしているのでは?このクセは掌の力を最大限にほっぺたに与えて、皮膚に対して大きな負担をかけることにつながっているのです。 肌の透明感を作るターンオーバー、言いかえればお肌を入れ替えることができる時間は実は決まっていて、それは夜間に睡眠を取る時だけだと言われています。 肌の若さを作り出すターンオーバー、別言すると肌を生まれ変わらせることができる時というのは案外決まっていて、それは夜間に寝る時だけです。 思春期ではないのに出来る難治性の“大人ニキビ”の女性が増加しているようだ。もう10年間こうした大人ニキビに悩まされている人々が専門クリニックに救いを求める。 20代になってからできる難治性の“大人ニキビ”の患者がじわじわと増加している。もう10年間こういった大人のニキビに困っている方が専門の皮膚科クリニックを訪れている。 貴方には、自分の内臓は元気であると言える根拠がどれだけあるでしょうか?“ダイエットが成功しない”“肌が荒れる”などの美容の悩みにも、実際は内臓の機能が深く関係しています! もう一つ、皮膚のたるみに大きく影響しているのが表情筋。色んな表情を生み出す顔に張り巡らされてる筋肉です。皮膚の真皮に存在するコラーゲンと同じように、この筋力も年齢を重ねるにつれて衰えてしまいます。 健康的な皮膚のターンオーバーは28日周期になっていて、1日毎に新しい肌細胞が誕生し、1年365日剥がれ落ちていることになります。この「毎日の生まれ変わり」のおかげで人の皮膚は若々しさを保ち続けています。 ネイルのケアというのは爪をより一層きれいな状態にすることを目的としているので、爪の異変を把握しておく事はネイルケアのスキルアップに必ず役立つし理に適っているといえるだろう。 外見を整えることで気分が良くなりゆとりが出るのは、顔面にトラブルを抱えている人もいない人も差はありません。私は化粧を自分の内面から元気を引き出せる最善の方法だと信じているのです。 ... Read More

見た目を装うことで気持ちがはつらつとして大らかにな…

見た目を装うことで気持ちがはつらつとして大らかになるのは、顔に悩みを抱えている人もいない人も変わりはありません。リハビリメイクは己の内面から元気になる最良の手法だと考えているのです。 デトックスというのは、専用の栄養補助食品の飲用や岩盤浴などで、こういった類の体の中の有毒な物質をできるだけ体の外へ出そうとするテクニックのひとつの事を指しているのだ。 どうにかできないものかと思った挙句に自己流のフェイシャルマッサージをしてしまう方がいますが、こと目の下は薄いので、ゴシゴシとこするように力任せにおこなうフェイシャルマッサージであれば良くありません。 ネイルケア(nail care)というのは、手足の爪や指先の手入れを指す。ヘルスケア、美容、ファッション、巻き爪処置など皮膚科の医療行為、生活の質の保全というような多岐に渡る活躍の場が存在し、ネイルケアはなくてはならないものと言えよう。 デトックスというものは、体の内部に澱のように蓄積されたありとあらゆる毒素を除去するという新しい概念の健康法であくまで代替医療に区別される。「detoxification(ディトクシフィケーション、取り除くの意)」を短縮した言葉です。 全身にあるリンパ管と並行するように動く血行が滞ってしまうと、様々な栄養や酸素が届きにくくなり、結果的には脂肪を多く蓄積させる素因となります。 中でも寝る前の歯のお手入れは大事。歯の表面に付着した“蓄積くすみ”を取り除くため、就寝前はきちんと歯みがきすることをおすすめします。しかし、歯みがきは回数が多ければ良いわけではなく、その質をアップすることが肝心なのです。 美白は、メラニン沈着が少ない、更に白肌を重視するビューティー分野の観念、及びそんな状態の肌そのものを指している。大抵は顔の皮ふについて使われる。 メイクアップのメリット:自分自身の顔がちょっとだけ好きになれること。顔に無数に点在している面皰跡・くすみ・毛穴の開き・ソバカス・傷跡等を隠せる。ゆっくりと素敵になっていくドキドキ感。 多くの女性が「デトックス」に惹かれてしまう理由の一つとして挙げられるのは、私達が生活している環境の汚染だろう。空気や土壌は汚され、穀類などの食物には作用の強い化学肥料や農薬がたっぷりかけられていると宣伝されているのだから無理もない。 皮ふの奥で生まれた肌細胞はゆっくりと時間をかけて肌の表面へと移動し、最後は皮膚の表面の角質となって、時が来れば自然にはがれ落ちていきます。このサイクルこそがターンオーバーなのです。 尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerin)にヒアルロン酸(hyaluronic acid)を加えて作られた美肌水は低刺激でお肌に優しく、乾燥肌の人に有効な化粧水です。防腐剤や芳香剤など一切加えておらず、肌の敏感な人でもお使いいただけます。 更に日々の生活のストレスで、精神にも毒は山のごとく積もっていき、同時に体の不調も引き起こしてしまう。この「心身ともに毒だらけ」という意識こそが、我々をデトックスへと駆り立てるのだろう。 肌の生成に欠かせないコラーゲンは、一年中降り注ぐ紫外線に直接当たったり物理的なダメージを何度も受けたり、肉体的・精神的なストレスが少しずつ溜まっていくことで、破損し、遂には生成されにくくなってしまうので注意しなければなりません。 浮腫みの要因はたくさん考えられますが、気圧など気候による悪影響もあることをご存知でしょうか。30℃を超える気温になってたくさんの水分を摂り、汗をかく、この時節にこそむくむ原因が存在しています。 ... Read More

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異…

脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂分泌の異常が主因で起こる発疹・発赤で、皮脂の分泌が乱れる素因として男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の崩れ、ナイアシンなどビタミンB群の枯渇などが考えられます。 BMI(体重指数を算出する式はどこの国も同じですが、BMI値の評価基準は国ごとにそれぞれ異なり、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準体重、BMI25以上の場合は肥満、18.5未満を低体重と位置付けています。 体脂肪の量(somatic fat volume)にはさして変化がみられず、体重だけが食事や排尿などにより短時間で増減するような時には、体重が増加した方は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った人の体脂肪率が上がります。 ジェネリックという医薬品というのは新薬の特許が無効になった後に購入できる、新薬とまったく同一の成分で負担を抑制できる(薬の金額が高くない)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。 栄養バランスのいい食事や体を動かすことは当然ですが、ヘルスアップやビューティーを目的とし、欲しい栄養を補うために様々な種類のサプリメントを使用する事が常識的になりました。 70代以上の高齢者や病のある人などは、極めて肺炎にかかりやすくてなかなか治らないという傾向が見られるため、事前に予防する意識やスピーディな手当が肝要です。 折り目正しい日常生活、食べ過ぎないこと、楽しい運動やスポーツなど、アナログともいえる自分の身体への取り組みが皮ふの老化防止にも関わっているということです。 杉の木の花粉が飛散する3月前後に、まだ小さな子どもが体温は平熱なのにしょっちゅうクシャミしたりサラサラした鼻水が止んでくれない状況なら、残念ながら『スギ花粉症』の可能性が高いといえるでしょう。 クシャミや鼻水、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロするような感覚などの花粉症の不快な症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛び散っている量に比例するように深刻化する傾向があるということです。 アルコールを分解する肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、動脈硬化や狭心症を始めとした色んな疾患の合併症の元凶となる可能性があります。 痩せるのが目的で摂取カロリーの総量を控える、食事を飛ばす、というようなライフスタイルが結果として栄養までもを不足させ、慢性の冷え性を齎すことは、何度も言われているのです。 気分障害のうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足することにより、強い憂うつ感、不眠強い疲労感、食欲不振、5kg以上の体重減少、強い焦燥感、意欲の低下、希死念慮、自殺企図などの辛い症状が現れ、2週間以上続きます。 下腹の痛みを引き起こす主な病気には、盲腸と間違うことの多い大腸憩室症、腎や尿管などの尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、様々な疾患の合併症として露見する急性腹膜炎、女性特有の疾患などがよくみられるようです。 「体脂肪率(percent of body fat )」とは、人の体の中の脂肪の溜まっている%のことで、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(somatic fat volume、キロ)÷体重(キロ)×100」という数式によって算出することができます。 薄暗い所では光不足により物が見づらくなりますが、更に瞳孔が開くため、眼のピントを合わせるのに余分な力が消費され、結果的に明るい所でものを見るよりも疲れやすくなるといえます。 ... Read More

肝臓を健康な状態に保持し続けるためには、肝臓の毒素…

肝臓を健康な状態に保持し続けるためには、肝臓の毒素を分解する作用が低くならないようにすること、即ち、肝臓を老けさせない対処法を迅速に開始することが必要でしょう。 肥満(obesity)の状態というのは言うまでもなく食生活の内容や運動不足が因子になっていますが、同量の食事だったとしても、せっかちに食べ終わる早食いをすることにより体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなります。 インキンタムシ(陰金田虫)という病気は20~30代の比較的若い男性に多く見られる傾向があって、ほぼ股間の辺りにのみ拡大し、運動をしたり、お風呂から上がった後など体が熱くなると強い掻痒感が訪れます。 ジェネリック医薬品(generic drug)とは新薬の特許が失われてしまった後に発売されるもので、新薬と変わらない成分で経済的負担が少ない(薬の価格の高価ではない)後発医薬品のことを指します。 必須栄養を万遍なく含んだ食事や運動は当然のことですが、心身両面の健康やビューティーアップのために、食事の補助として色々な種類のサプリメントを摂取する行為がまったく珍しくなくなっているということです。 むねやけが特徴の逆流性食道炎は、1週間もきちんと処方薬を飲めば、原則的に9割近くの人の自覚症状は消えてなくなりますが、かといって食道粘膜の炎症反応そのものが完全に治ったとは言い切れません。 ロックミュージシャンのコンサートの開催されるスペースや踊るためのクラブなどにある特別仕様の大型スピーカーのすぐ脇で爆音を浴びて耳が聞こえにくくなる症状を「急性音響性障害(きゅうせいおんきょうせいしょうがい)」と呼ぶのです。 通常ならば骨折に至らない位の小さな圧力でも、骨の狭い個所に繰り返して切れ目なくかかってしまうことによって、骨折に至ることもあります。 体脂肪の量(somatic fat volume)に変化がないのに、体重が食事・飲酒や排尿などによって一時的に増減するような時には、体重が増加した人は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減少したら体脂肪率が高まることがわかっています。 1回歯の表面を保護しているエナメル質を浸食するまでに深刻になってしまった歯周病は、残念ながら進行具合が沈静化することがあっても、失ったエナメル質が元通りに構築されることは無いと考えておいた方が良いでしょう。 アミノ酸のひとつであるグルタチオン(Glutathione、GSH)は、細胞の機能を鈍くしたり突然変異を誘引する人体に有害な物質を体の内側で解毒し、肝臓の動作を促すような性質が明らかになっています。 20~30才代で更年期が訪れるとすれば、医学的な用語で表すと「早期閉経」という疾患を指します(我が国の場合は40歳未満の女性が閉経する状態を「早発閉経(早期閉経)」と呼んでいます)。 真正細菌の結核菌は、菌を保有している人がゴホゴホと「咳」をすることで外気の中に投げ出され、空中にふわふわ浮いているところを今度は別の人が呼吸しながら吸い込むことによってどんどん感染していきます。 「肝臓の機能の低下」については、血液検査のアスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)やアラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)、そしてγ-GTPなど3つの値によって判断できますが、特にここ数年肝臓の機能が悪化している人々が増加傾向にあるとのことです。 季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究の成果から、予防の効用が望めるのは注射した2週後位から約5カ月くらいだろうということが明らかになりました。 ... Read More

内臓が元気かどうかを数値化することができる有用な機…

内臓が元気かどうかを数値化することができる有用な機械があります。『ノイロメーター』という名称の機械で、人の自律神経の状態を調べて、内臓が健康かどうかが把握できるということです。 美容目的で美容外科手術を受けたことについて、恥ずかしいという感情を抱く方も少なくないようなので、患者さんのプライドと個人情報に損害を与えないような配慮が特に必要とされている。 その時に医者がまず使用するのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬も併せて使うと大体6ヶ月で回復に導くことができたケースが多いと言われている。 スカルプケアの主な役割は健康的は髪の毛を保持することです。毛髪に水分がなく乾燥し始めたり抜け毛が多いなど、大勢の方々が髪の毛のトラブルをお持ちのようです。 アイラインやマスカラなどのアイメイクを落とすときに化粧をきちんと落とそうとして力任せにゴシゴシクレンジングし続けているとお肌が荒れたり発赤などの炎症を起こして色素沈着してしまい、目の下のクマの一因になります。 早寝早起きすることと一週間に2、3回楽しい事をすると、健康のレベルは上がるのです。こんな場合がありますので、アトピー性皮膚炎の人は皮ふ科のクリニックを受診して相談しましょう。 さらに日々の暮らしのストレスで、メンタルな部分にも毒は山のごとく溜まり、身体の不調も招く。「心身ともに毒だらけ」という不安が、苛まれた私たちをデトックスに駆り立てるのだろう。 患者さんはそれぞれ一人一人お肌の質は違いますし、遺伝によるドライスキンなのか、後天性のものによる乾燥肌なのかというタイプに応じて治療法を変えなければいけませんので、最大限の注意が必要とされます。 アトピー性皮膚炎とは、アレルギーと関係性があるものの内、特にお肌の持続的な炎症(かゆみ等)を認めるものであり皮ふ過敏症の一つだ。 患者さんによってお肌の質は異なりますし、先天性のドライスキンなのか、もしくは生活習慣など後天的なものによる乾燥肌なのかに応じて治療の内容に大きく関わってきますので、充分配慮を要します。 スカルプの具合が崩れる前にきちんとケアして、健康な状況を保ったほうがよいでしょう。状況が悪化してから注意し始めても、改善までに時間を要し、費用も手間も必要なのです。 20才を過ぎてからできる難治性の“大人ニキビ”の患者さんがじわじわと増加している。10年間もこの大人のニキビに困っている人が専門の皮膚科クリニックを訪れている。 頬やフェイスラインの弛みは年老いて見える主因。お肌のハリや表情筋と呼ばれる筋肉の硬化が弛みに繋がりますが、加えて毎日おこなっているささいなクセも原因になるのです。 歯のビューティーケアが必要と認識している女性は多くなっているものの、実際におこなっている人は少数だ。その理由でもっとも多いのが、「自分一人ではどうケアしたら効果的なのか知らない」ということらしい。 ネイルのケアは爪をより美しい状態にすることを目的にしている為、ネイルの変調を知っておくとネイルケアのスキルの向上に役立つし理に適っているのだ。 ... Read More

ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が無くなって…

ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が無くなってしまった後に市場に出回る、まったく同じ成分で金銭的な負荷の小さい(薬の価格が廉価な)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。 もし婦人科の検査で恐れていた通り女性ホルモンの分泌量が基準値よりも足りなくて早発閉経(early menopause)だと分かったら、その女性ホルモンを補充してあげる処置方法で良くなることができます。 呼吸器感染症の季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの膨大な研究により、ワクチンの予防効果を期待できるのは、ワクチン接種を受けたおよそ2週後から約5カ月間ほどだろうということが分かっています。 ただの捻挫だと決め込んでしまい、湿布を貼って包帯やテーピングでとりあえず固定し、そのまま様子をうかがうのではなく、応急処置が終わったら急いで整形外科医に診てもらうことが、早く完治させる近道に繋がります。 塩分や脂肪分の摂り過ぎをやめた上で手ごろな運動を行い、ストレスを蓄積しすぎない日常生活を続けることが狭心症の誘因となる動脈硬化を予め予防するポイントです。 ダイエットしたいがために1日の総カロリーを抑制する、食事をわざと残す、といった食生活を続けると結果的に栄養をも不足させ、深刻な四肢の冷えを招くことは、色んなところで言われていることなのです。 汗疱(汗疱状湿疹)は主に手のひらや足の裏、指の間などにブツブツの水疱ができる疾患で、おおむねあせもと呼ばれており、足裏に現れると水虫と思い込まれることがよくあるようです。 骨折したことによりひどく出血してしまった場合、低血圧になってめまいやふらつき、体が急速に冷えるように感じる冷や汗、悪心、座っていても起こる失神などの色々な脳貧血症状があらわれるケースもよくあります。 BMI(体重指数)の計算式はどこの国も共通ですが、数値の評価レベルは国ごとに異なっており、日本肥満学会(JASSO)ではBMI値22が標準、BMI25以上の場合は肥満、BMI18.5未満の場合を低体重と定義しています。 加齢に伴う耳の聞こえにくさは毎日少しずつ聴力が低下していくものの、普通還暦過ぎくらいまでは聞こえの悪化をきちんと認識できないのです。 2005(平成17)年2月以降新しく特定保健用食品(とくていほけんようしょくひん)のパッケージにおいて「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起のフレーズの明示が食品メーカーに義務付けられている。 チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故のその後の後追い調査の結果からは、大人に比べると体の小さい未成年のほうが放出された放射能の深刻な影響をよく受けることが分かります。 体を維持するのに必要なエネルギー源としてすぐに使われる糖質、人の新陳代謝に絶対欠かせないタンパク質など、激しい痩身ではこの2つに代表される様々な活動を維持するために欠かすことができない要素までも乏しい状態にする。 内臓脂肪タイプの肥満が確認されて、脂質(ししつ、lipid)、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の摂りすぎなどによる「高血糖」の中で2つ以上に該当する状態を、内臓脂肪症候群、またの名を「死の四重奏」と称しているのです。 スギ花粉症などの病状(水っ洟、鼻詰まり、くしゃみ等)のせいで夜よく眠れない場合、それが要因で睡眠不足になり、翌朝目覚めてからの行動性に思わしくないダメージを及ぼすこともあるのです。 ... Read More

昨今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく…

昨今、比較的若い世代で長期間咳が続く結核(けっかく)に抗える免疫力を保有しない人々の割合が高くなっていることや、早合点のために診断が遅れることによる集団感染(アウトブレイク)・院内感染が多くなっているようです。 ストレスがかかり、蓄積していく構造や、手軽で有用なストレス対策法など、ストレスの詳細な知識を保持している方は、さほど多くはありません。 常在細菌の一つであるブドウ球菌(英:staphylococcus)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌で、毒のきつい黄色ブドウ球菌(英:staphylococcus aureus、スタフィロコッカスアウレウス)と一方は毒力があまり無いコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つに分けることができます。 下腹の疼痛を引き起こす代表的な疾患には、大腸に憩室が多発する大腸憩室症、石ができる尿路結石症、大腸粘膜に潰瘍やびらんができる潰瘍性大腸炎、緊急性の高い急性腹膜炎、子宮の病気等が挙げられるでしょう。 植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓の持っている解毒酵素のスムーズな生産をサポートしているという因果関係が判明してきたのです。 PC画面の青っぽい光を低減する効果のあるレンズの付いたメガネが最も人気を博している理由は、疲れ目の対策法にたくさんの方々が苦労しているからだと推測することができます。 耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、森のスギやヒノキ、ブタクサなどの花粉が因子となって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・鼻づまり・鼻みずなどのゆううつなアレルギー症状を示す病気として広く認識されています。 吐血と喀血、どちらも血を吐くことに変わりはありませんが、喀血の方は喉から肺を繋ぐ気道(呼吸器の一つ)からの出血のことであり、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)より上部にある消化管から血が出る症状を表しているのです。 もし婦人科の血液検査で残念ながら女性ホルモンの分泌量が基準値よりも足りなくて早発閉経(早期閉経)だと判明した場合、足りていない女性ホルモンを足すような治療で良くなります。 基礎代謝量というものは目が覚めている覚醒状態で生命を維持していく(心臓、口からの呼吸、腎臓の様々な機能、体温や筋肉の緊張の保持等)ために必要となる理論上のエネルギー消費量のことなのです。 ブラッシングなどで、高齢者がセラピーキャットをとても愛おしいと感じた時にオキトキシンが多く分泌され、ストレスの低減や心のヒーリングなどにつながるのです。 年齢を重ねることによる耳の聞こえにくさでは緩やかに聴力が低下していきますが、普通は60歳くらいまでは聴力の衰えをきちんと把握できないものです。 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂分泌の異常により現れる湿疹で、皮脂分泌の異常の素因としては男性ホルモンとエストロゲン・ゲスターゲンの均衡の乱れやビタミンBコンプレックスの慢性的な欠乏等が注目されているのです。 肝臓をきれいに保持するためには、肝臓の有害物質を分解する力が下がらないようにする、言いかえれば、肝臓のアンチエイジング対処法を迅速に開始することが必要でしょう。 胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事内容の欧米化に加えてタバコを吸う事・お酒を飲むこと・体重過多等の生活習慣の質が低下したこと、ストレスなどに縁って、いま日本人に患者が多い疾患の一つです。 ... Read More

20代、30代で更年期になったら、医学的に表すと「…

20代、30代で更年期になったら、医学的に表すと「早発閉経(POF)」という病気にあてはまります(我が国の場合40才未満の女の人が閉経してしまう状態を「早発閉経(early menopause)」と称しています)。 もしも血液検査で恐れていた通り卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っており早期閉経(premature menopause)だと判明した場合、基準値に満たない女性ホルモンを補填する処置で改善できます。 針を気になる所に刺す、という直接的な程よい複数の刺激が、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスと言われる電気信号の伝達を引き起こすのではないかと考えられているようです。 めまいが確認できず、長時間続く耳鳴りと難聴の症状を何度も繰り返すパターンのことを区別して「蝸牛型メニエル病」という名前で診断する症例もあるとのことです。 スギ花粉症などの緒症状(鼻水、酷い鼻詰まり、くしゃみなど)のせいで夜間しっかり睡眠を取れないと、それが因子になって慢性的な睡眠不足となり、次の日目覚めてからの仕事に芳しくない影響を与えることも考えられます。 学校や幼稚園のような集団行動をする時に花粉症が要因で他の皆と一緒にはつらつと走り回ることができないのは、患者である子供にとってもさみしいことです。 メタボとは言われなかったとしても、臓器に脂肪が多く蓄積しやすい類の悪い体重過多が存在することによって、いろんな生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。 基礎代謝(BM)とは人間が何もしていなくても燃焼してしまう熱量のことであり、その大部分を全身の骨格筋・臓器の中で最も大きな肝臓・頭部の脳の3種類が占めるのです。 ヒトの耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分けることができますが、この中耳の辺りに様々な黴菌やウィルスなどが感染し、炎症が発症したり、液体が滞留する病気を中耳炎と言っています。 食中毒の原因にもなるブドウ球菌(スタフィロコッカス)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力の極めてきつい黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と毒素が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)に分けることができるのです。 高齢の方や持病を患っている方は、際立って肺炎にかかりやすくてすぐには治りにくい傾向が見られるため、予防策の実施や迅速な処置が大切です。 軽い捻挫と勝手に決めつけ、湿布をして包帯やテーピングで動かないように患部を固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を済ませてから急いで整形外科医に診察してもらうことが、結局は快癒への近道となるでしょう。 BMI(体重指数)の計算式はどこの国でも一緒ですが、数値の評価レベルは国ごとにそれぞれ異なり、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22を標準、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と周知しています。 世界保健機関(World Health Organization)は、人体に有害なUV-A波の無理な浴び過ぎはお肌に健康障害を起こす可能性が高いとして、19歳未満の若い人が日サロ(日焼けサロン)を利用することの禁止を強く世界中に推奨しています。 「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、全身の脂肪の付いている%のことで、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(キログラム)×100」という計算によって把握できます。 ... Read More

外から観察しただけでは折ったかどうか区別がつかない…

外から観察しただけでは折ったかどうか区別がつかない場合は、怪我をしてしまったポイントの骨を弱めに押してみてください。そのポイントに強い痛みが走れば骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。 くも膜下出血(SAH)はその80%以上が脳動脈瘤と呼ばれる血管にできた不要な瘤(こぶ)が裂けて脳内出血することにより罹患する深刻な脳の病気だと多くの人が知っています。 乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、2012年9月1日より原則無料の定期接種になるため、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で注射するスケジュール管理の必要な個別接種になりましたのでご注意ください。 腰などが痛むヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間に存在してクッション的な役目をする椎間板(ついかんばん)という名称の柔らかい円形の組織が飛び出した症例のことを称しています。 心筋梗塞というものは冠動脈の動脈硬化によって血管の内側の空間が狭まってしまって、血液の流れが止まり、酸素や大切な栄養が心筋まで配達されず、筋肉細胞自体が壊死する恐ろしい病気です。 「とにかく時間がない」「上っ面だけの色々な人間関係が苦手」「あらゆるテクノロジーや情報の高度な進歩になかなか追いつけない」など、ストレスが蓄積される主因は一人一人違うようです。 毎日の規則正しい生活の継続、腹八分目を忘れないこと、程よいスポーツなど、古臭いとも思える体に対する気配りが肌の老化防止にも関係しているのです。 一見すると「ストレス」は、「消すべき」「排除すべきもの」と思われがちですが、その実、我々は多少のストレスを受けるからこそ、生き延びていくことが可能になります。 「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、身体の中の脂肪の占有する割合のことを指し、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight、kg)×100」という式によって表すことができます。 「肝臓の機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3種類の値でモニターできますが、ここ数年肝臓の機能が低下している方々が明らかに増えているということが危険視されています。 収縮期血圧が140を超える高血圧が長期間継続すると、体中の血管に強い負担がのしかかり、頭から足まで様々な血管にトラブルが起きて、合併症になってしまう見込が高くなると言われています。 高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、今までの膨大な研究の結果、ワクチンの予防効果が期待されるのは、ワクチン接種した2週間後からおよそ5カ月間ぐらいということが分かっています。 3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を下げたり突然変異を誘発する悪影響を及ぼす有害物質を体の内側で解毒し、肝臓の力を良くする性質が判明しているのです。 抗酸菌の結核菌は、感染した人がゴホゴホと「咳」をすることで外気の中に振りまかれ、空気中でフワフワと流れているのを違う誰かが呼吸しながら吸い込むことによって次々に感染していきます。 めまいが診られず、不愉快な耳鳴りと難聴の症状を何回も繰り返すパターンのことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病」というようなケースもあるそうです。 ... Read More