20代、30代で更年期になったら、医学的に表すと「…

20代、30代で更年期になったら、医学的に表すと「早発閉経(POF)」という病気にあてはまります(我が国の場合40才未満の女の人が閉経してしまう状態を「早発閉経(early menopause)」と称しています)。 もしも血液検査で恐れていた通り卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っており早期閉経(premature menopause)だと判明した場合、基準値に満たない女性ホルモンを補填する処置で改善できます。 針を気になる所に刺す、という直接的な程よい複数の刺激が、神経細胞を目覚めさせて、神経インパルスと言われる電気信号の伝達を引き起こすのではないかと考えられているようです。 めまいが確認できず、長時間続く耳鳴りと難聴の症状を何度も繰り返すパターンのことを区別して「蝸牛型メニエル病」という名前で診断する症例もあるとのことです。 スギ花粉症などの緒症状(鼻水、酷い鼻詰まり、くしゃみなど)のせいで夜間しっかり睡眠を取れないと、それが因子になって慢性的な睡眠不足となり、次の日目覚めてからの仕事に芳しくない影響を与えることも考えられます。 学校や幼稚園のような集団行動をする時に花粉症が要因で他の皆と一緒にはつらつと走り回ることができないのは、患者である子供にとってもさみしいことです。 メタボとは言われなかったとしても、臓器に脂肪が多く蓄積しやすい類の悪い体重過多が存在することによって、いろんな生活習慣病を引き起こす可能性が高まります。 基礎代謝(BM)とは人間が何もしていなくても燃焼してしまう熱量のことであり、その大部分を全身の骨格筋・臓器の中で最も大きな肝臓・頭部の脳の3種類が占めるのです。 ヒトの耳の構造は、大きく「外耳(がいじ)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3つに分けることができますが、この中耳の辺りに様々な黴菌やウィルスなどが感染し、炎症が発症したり、液体が滞留する病気を中耳炎と言っています。 食中毒の原因にもなるブドウ球菌(スタフィロコッカス)はグラム染色で紫色になるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力の極めてきつい黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と毒素が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)に分けることができるのです。 高齢の方や持病を患っている方は、際立って肺炎にかかりやすくてすぐには治りにくい傾向が見られるため、予防策の実施や迅速な処置が大切です。 軽い捻挫と勝手に決めつけ、湿布をして包帯やテーピングで動かないように患部を固定し、様子をうかがうのではなく、応急処置を済ませてから急いで整形外科医に診察してもらうことが、結局は快癒への近道となるでしょう。 BMI(体重指数)の計算式はどこの国でも一緒ですが、数値の評価レベルは国ごとにそれぞれ異なり、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22を標準、BMI25以上の場合を肥満、BMI18.5未満の場合は低体重と周知しています。 世界保健機関(World Health Organization)は、人体に有害なUV-A波の無理な浴び過ぎはお肌に健康障害を起こす可能性が高いとして、19歳未満の若い人が日サロ(日焼けサロン)を利用することの禁止を強く世界中に推奨しています。 「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、全身の脂肪の付いている%のことで、「体脂肪率(たいしぼうりつ、パーセント)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(キログラム)×100」という計算によって把握できます。 ... Read More

外から観察しただけでは折ったかどうか区別がつかない…

外から観察しただけでは折ったかどうか区別がつかない場合は、怪我をしてしまったポイントの骨を弱めに押してみてください。そのポイントに強い痛みが走れば骨折かもしれないので、すぐ病院へ行きましょう。 くも膜下出血(SAH)はその80%以上が脳動脈瘤と呼ばれる血管にできた不要な瘤(こぶ)が裂けて脳内出血することにより罹患する深刻な脳の病気だと多くの人が知っています。 乳幼児が受ける不活化ポリオワクチンは、現在まで使用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、2012年9月1日より原則無料の定期接種になるため、集団接種ではなくクリニックなどの医療機関で注射するスケジュール管理の必要な個別接種になりましたのでご注意ください。 腰などが痛むヘルニアは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間に存在してクッション的な役目をする椎間板(ついかんばん)という名称の柔らかい円形の組織が飛び出した症例のことを称しています。 心筋梗塞というものは冠動脈の動脈硬化によって血管の内側の空間が狭まってしまって、血液の流れが止まり、酸素や大切な栄養が心筋まで配達されず、筋肉細胞自体が壊死する恐ろしい病気です。 「とにかく時間がない」「上っ面だけの色々な人間関係が苦手」「あらゆるテクノロジーや情報の高度な進歩になかなか追いつけない」など、ストレスが蓄積される主因は一人一人違うようです。 毎日の規則正しい生活の継続、腹八分目を忘れないこと、程よいスポーツなど、古臭いとも思える体に対する気配りが肌の老化防止にも関係しているのです。 一見すると「ストレス」は、「消すべき」「排除すべきもの」と思われがちですが、その実、我々は多少のストレスを受けるからこそ、生き延びていくことが可能になります。 「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」というのは、身体の中の脂肪の占有する割合のことを指し、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪の量(キロ)÷体重(body weight、kg)×100」という式によって表すことができます。 「肝臓の機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等3種類の値でモニターできますが、ここ数年肝臓の機能が低下している方々が明らかに増えているということが危険視されています。 収縮期血圧が140を超える高血圧が長期間継続すると、体中の血管に強い負担がのしかかり、頭から足まで様々な血管にトラブルが起きて、合併症になってしまう見込が高くなると言われています。 高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、今までの膨大な研究の結果、ワクチンの予防効果が期待されるのは、ワクチン接種した2週間後からおよそ5カ月間ぐらいということが分かっています。 3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を下げたり突然変異を誘発する悪影響を及ぼす有害物質を体の内側で解毒し、肝臓の力を良くする性質が判明しているのです。 抗酸菌の結核菌は、感染した人がゴホゴホと「咳」をすることで外気の中に振りまかれ、空気中でフワフワと流れているのを違う誰かが呼吸しながら吸い込むことによって次々に感染していきます。 めまいが診られず、不愉快な耳鳴りと難聴の症状を何回も繰り返すパターンのことを区別して「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病」というようなケースもあるそうです。 ... Read More

爪の作られ方は樹木の年輪のように刻まれるというもの…

爪の作られ方は樹木の年輪のように刻まれるというものであるが故に、その時の体調が爪に反映されることがよくあり、髪の毛と等しくすぐに視認できて気付きやすいため健康のバロメーターとも呼ばれている。 早寝早起きと並行して7日間であたり2、3回自分が楽しいと感じることを続ければ、健康の度合いはアップすると考えられています。こんな場合があるので、アトピー性皮膚炎にお困りの方は皮膚科の医院を受診してみましょう。 見た目を装うことで気持ちが元気になり豊かさが生まれるのは、顔面にトラブルのある人もない人も一緒のことです。私たちは化粧を自分で元気を見出せる最善の技術だと信じています。 本来28日周期のターンオーバー(新陳代謝)が乱れると、様々な肌の老化現象やトラブルを引き起こします。老けて見られるしわ・濃くなるシミ・顔色がパッとしないくすみ・クマ・たるみ・吹き出物・肌荒れ・乾燥など、まだまだ挙げてみればキリがないくらい大変です。 スカルプのお手入れの主なねらいは健康的な髪を保つことだといえます。毛髪に潤いがなく乾燥して艶がなくなったり抜け毛が多くなるなど、たくさんの方が髪の困り事を抱えているようです。 いずれにしても乾燥肌が日常の暮らしや環境に大きく関係しているというのなら、いつもの些細な日課に配慮するだけでほぼ全てのトラブルは解消するのではないでしょうか。 最近見直されている頭皮ケアは通称スカルプケア(scalp care)とも呼ばれます。頭皮(スカルプ)は髪の毛の悩みの種である抜け毛や薄毛などに深く繋がると供に、フェイスラインの崩れやたるみなどにも影響しています。 女性誌や美容の書籍には、小顔や美肌、ダイエット成功、デトックス効果、免疫力アップなど、リンパ液の流れを良くすればすべて思い通りになる!という華やかなフレーズが並んでいる。 あまり聞き慣れないリハビリメイク(Rehabilitation Makeup)という言葉には、肉体の機能に損傷を受けてしまった人のリハビリに等しく、外見にダメージをこうむった人がもう一度社会に踏み出すために教わる手技という側面があります。 歯のビューティーケアが重要と思う女性は増加傾向にあるものの、実際にやっているという人はごくわずかだ。最多の理由が、「どのようにして手入れすればよいのか知らないから」ということらしい。 押すと返す皮ふの弾力感。これを作っているのは、コスメでおなじみのコラーゲン、つまりはタンパク質です。スプリングのようなコラーゲンがきちっと肌を持ち上げていれば、肌は弛みとは無縁でいられるわけです。 加齢印象を強める主だった原因の一つが、歯に蓄積したくすみです。歯の外側の層には、見えないくらい小さなデコボコがあり、毎日の暮らしの中で茶色い着色や食物カスの汚れが蓄積していきます。 美容悩みをなくすには、まず最初に自分の臓器の調子を把握してみることが、美容悩みからの解放への近道になるのです。それでは、一体どうすれば自分の臓器の元気度を確認できるのでしょうか。 頭皮ケアの主だった役目は健康的は髪の毛を保つことだといえます。髪に水分がなく乾燥して艶がなくなったり抜け毛が増えるなど、多数の方が髪の毛のトラブルを秘めているのです。 審美歯科は、美に主軸を据えたトータルな歯科医療の分野。歯の役割には咀嚼など機能的な側面と、審美面があり、共に健康面では非常に大事な要素だと考えている。 ... Read More